やぶいぬ応援団

膵臓癌闘病記や生還者のアドバイス、新薬の治験情報や研究など元気が出る話題を個人が集めたブログです。 <免責事項>本ブログは特定の治療法や薬の使用を推奨するものではなく、このブログの情報を利用した結果について筆者は責任を負うことはできませんのでご了承ください。

スティーブ・ジョブス没後1年。すい臓がんについて分かったこと

アップルコンピュータの創業者スティーブ・ジョブスは、亡くなって1年を経た今もアメリカ人の心の中でカリスマとして生き続けているようです。スティーブ・ジョブズ I


経済誌フォーブスに、ジョブスの追悼記事がまた出ていました。すい臓がんに関する部分を抜粋して紹介します。

スティーブ・ジョブスの死から1年。彼について、膵がんについてさらに明らかになったこと

2012.10.5 アリス・G・ワルトン


スティーブ・ジョブスほど、死後になってもその病気の治療方針が熱心な議論の的となった人物は珍しい。ウォルター・アイザックソンが書いた伝記がきっかけとなって、死後数週間も経たないうちにジョブスは少なくとも最初のうち現代医学を遠ざけて代替医療を行ったことで治癒のチャンスを減らしてしまった(参照)という認識が共通のものとなった。評論家たちは、もしジョブスが他の方法を選んでいたなら今でも生きていた可能性が高いと言う。それが本当かどうかはもちろん誰にも分からないが、議論はまだ活発に続いている。


さて、一年が過ぎた。我々はいまだに彼の治療方針や彼の病気や彼のプライベートな生活(や、もし生きていたら副社長ティム・クックとどんな仕事をしていたか)について話しつづけている。実際のところ、こと癌の治療に関して言えば誰にでもすっきりあてはまる正解というものはないのだ。そして、膵がんはあらゆる癌の中で最も治療の難しい癌なのである。


コンピュータ技術とがんの治療はどちらも進歩し続けているが、進歩のスピードは両者同じではない。癌について我々が理解しつつあること、そしてジョブスについて理解しつつあること、どちらもまだまだ発展の途上だ。しかしここに、現在までに分かったことを書いておこうと思う。

膵がん研究の最新知見

続きを読む

「手術を、治療を恐れないで」―ジョブスの遺したメッセージ

Steve_Jobs

 興味深い記事を見つけたので紹介します。今年亡くなった、アップルコンピュータ創業者のスティーブ・ジョブス。彼が罹ったのは膵内分泌腫瘍という珍しいタイプ(すい臓がん全体の50人に1人)の膵臓がんでしたが、診断されてすぐに手術を受けなかったことを大変悔やんでいたそうです。


 この記事は、西洋医学の医師や代替医療(民間療法)の推進者など様々な立場の人に取材していて読みごたえがあります。ざっと主要部分を訳してみます。誤りはどうかご容赦ください。

2011年を振り返る:ジョブスがガン治療に投げかけた問い

クリスティーナ・フィオール、MedPage Today記者


アップルの創業者スティーブ・ジョブスはしばしば、「常識を打ち破る」考え方をして称賛されてきた。自分のガン治療という一点を除いては。


ジョブスが10月に56歳で死去したのち、ブロガーや評論家たちは「2003年に見つかった膵神経内分泌腫瘍の手術を先延ばししたせいでジョブスは決して予後が悪くない病気なのに早く死ぬことになってしまったのではないか」という指摘を巡って様々な議論を交わした。

続きを読む

未承認薬も使えるように

asahi.comからです。重要な記事なので全文引用します。
未承認薬、条件つき容認へ 重病患者を対象、厚労省方針

 厚生労働省は、ほかに治療法がない重い病気の患者に対し、国内では承認されていない薬を一定の条件で使えるように制度化する方針を固めた。26日夜、薬事行政の見直しを検討している厚労省の審議会で大筋了承された。同様の制度は欧米にあり、がん患者らが要望していた。

 日本は欧米に比べて薬の承認時期が遅れるため、欧米で受けられる最新の治療を受けられないことがある。医師や患者が海外の薬を個人輸入して使っている例もあるが、偽造薬を買わされる危険性や、副作用が起きたときに対応ができるのか、などの問題がある。

 創設する制度では、欧米で承認済みで、国内で承認を得るための臨床試験(治験)が始まっている薬を対象とする。医療機関厚労省に必要な届け出をすれば、複数の病気を抱えているなど治験に参加できない患者に、この薬を使えるようにする。患者にとっては治療の選択肢が広がることになる。

はやぶさの地球帰還

yabuinu52010-06-04


当ブログの最初の記事となった小惑星探査機「はやぶさ*1」ですが、7年間の旅を終えて、ついに地球に帰ってきます! 6月13日の深夜、はやぶさイトカワから持ち帰ったカプセルをオーストラリアの砂漠に向けて放出し、自らは大気圏に突入して燃え尽きるそうです。


いよいよ、あと10日ですね*2。日本の各社も下のような力のこもった記事を出していますが、

はやぶさ最後の大仕事 試料カプセル分離へ秒読み」(東京新聞
探査機「はやぶさ」のカプセル、豪が落下許可」(読売新聞)
50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ」(産經新聞)()()()
はやぶさ君、人気急加速 数々の危機克服に共感」(毎日新聞
砂漠の星くず見つけ出せ はやぶさカプセル回収大作戦」(朝日新聞
はやぶさ 13日帰還が確実に」(NHKニュース動画)
「はやぶさ」、6月13日の地球への帰還が確実に - 4回目の軌道修正に成功」(マイコミジャーナル

ここでは、海外の記事をひとつ翻訳してみましょう。BBCの記事、Asteroid probe 'on home straight' です。海外でも盛り上がっているようですよ*3

故郷に向かう小惑星探査機、最後の直線コースへ


2010年5月31日 11時52分、ポール・リンコンBBCニュース科学部記者

*1:宇宙航空研究開発機構JAXA)の特設ページはこちらです。

*2:NECのページにカウントダウンが載っています。

*3:NASAでは、はやぶさが落下してくる航跡を捉えて小惑星地球衝突研究の参考にしようと、飛行機DC-8を一機飛ばすほどです。(参考

続きを読む

応援団休止

yabuinu52009-07-30

管理人がまた引っ越しと転職をすることになってしまったため、当分の間「やぶいぬ応援団」をお休みさせていただきます。すみません。


休み前に、いくつかの記事をピックアップしておきます。

すい臓がん啓発キャンペーン「パープルリボンキャラバン2009in東京」が8月1日開催(がんナビ 2009年7月9日)


 NPO法人パンキャンジャパン、NPO法人キャンサーネットジャパンは8月1日、すい臓がん啓発キャンペーンとして「パープルリボンキャラバン2009in東京―すい臓がんに光をあてる」を東京・新宿の新宿明治安田生命ホールで開催する。..(続きは://cancernavi.nikkeibp.co.jp/information/2009in81.html:title=こちら])

プログラムを見ると、専門家による早期診断+外科治療+抗がん剤治療の最前線の解説の他に、テノールのコンサートもあるようですよ(入場無料)! 申込はこちらからできます。

ゲムシタビンとS-1の併用で切徐不能膵がんの予後改善の可能性(がんナビ 2009年7月21日)


 切除不能膵がんに対するゲムシタビン(GEM)とS-1の併用(GS)療法は、ゲムシタビン単剤投与に比べて有効性が高いとする結果が示された。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会で、山梨大学第1外科の川井田博充氏が報告した。..(続きはこちら


他にはこんな記事も:

続きを読む

パンキャン事務所を訪問してきました

yabuinu52009-05-31


〜当ホームページの閲覧回数が、延べ20万回に達しました。どうもありがとうございます〜


以前の記事でお伝えした、パルズ電話サービスすい臓がん啓発パープルリボンキャラバンなどを主催しているNPO法人特定非営利活動法人パンキャンジャパンにおじゃましてきました!


やぶいぬはこれまで直接取材などしたことがなかったのでドキドキでした。


取材に応じてくださったパンキャンジャパン事務局長の眞島さん(写真)は、とても丁寧にPanCANの現状を教えてくださいました。眞島さんは2006年に妹さんの闘病をきっかけにアメリカの膵がん患者会PanCANに出会い、仕事を辞めて文字通り手弁当で日本支部を設立されたそうです。


PanCANには、医療従事者・研究者・政府・製薬企業にも積極的に働きかけて巻き込み、一緒に共通の敵「がん」に向かっていこうという精神があるようで、従来の患者会の枠を越えた新しいスタイルの患者会かもしれません。


電話相談を受けている事務室(写真)も見せていただきました。まだ活動規模は小さいですが、これから人を増やしてさまざまな活動を行っていきたいそうです(6月のアメリカ臨床腫瘍学会や7月の日本膵臓学会大会に参加してアピールを行う予定)。毎月2回開催されている膵臓がん勉強会は、今月から入門クラスとアドバンスド(最前線)コースに分け、さらに詳しい情報を提供していくとのお話でした。

続きを読む

パープルリボンキャンペーンキャラバン2009 in 広島


専門家による最新情報を知るチャンス(無料)です!
患者の方、ご家族に患者がいるなどですい臓がんが心配な方、ぜひお越し下さい。
第1回は広島で、3月14日に行われるそうです。

 我が国において罹患数が多いものの、有益な情報が少ない「すい臓がん」について、その普及啓発を進めるために「すい臓がん啓発パープルリボンキャラバン2009」を実施いたします。次なる地域において、すい臓がん治療の最前線について、第一線でご活躍されている専門医の方々にご講演いただきます。

① 広島 3月14日(土)  広島国際会議場B2Fダリア
② 東京 8月 1日(土)  新宿安田生命ホール
③ 神戸 11月14日(土) イーライリリー本社会議室

<主な内容>
13:10-13:30 「パープルリボンキャンペーン」の紹介 NPO法人パンキャンジャパン 事務局長 眞島 喜幸
13:30-14:00 基調講演(1) 診断の最前線 JA尾道総合病院内視鏡センター (広島大学医学部臨床教授)花田 敬士
14:00-14:30 基調講演(2) 外科治療の最前線 広島大学大学院 病態制御外科講師 村上 義昭
14:30-15:00 基調講演(3) 抗がん剤治療の最前線 国立がんセンター中央病院 胆肝膵内科医長 奥坂 拓志
15:00-15:20 休憩
15:20-16:25 パネルディスカッション パネリスト: 花田 敬士、村上 義昭、 奥坂 卓志、眞島 喜幸 モデレーター: NPO法人広島がんサポート 理事 中川 圭 


チラシ、詳細内容はこちら→http://pancan.jp/images/PanCAN/PDF/pancan_a4chirashi.pdf
お申し込みはこちら(キャンサーネットジャパンのページ)→http://www.cancernet.jp/eve090314prc.html


<免責事項>本ブログの医療記事や体験記は、特定の治療法や薬の使用をし推奨するものではありません。ご自身の病状については、担当医とよく話し合ってください。このブログの情報を利用して生じた結果について筆者は責任を負うことができませんのでご了承ください。<おことわり>このブログは営利目的ではありません。コメントは承認制です。商品や治療法の広告を目的としたトラックバック、記事内容と無関係のコメント等は予告なく消去させて頂くことがあります。